O-remoホームへ
10日間お試しパスポートプレゼントのお知らせ
動作環境


  O-remoする側、O-remoされる側共通
OS Windows 7
Windows 8
Windows 10
Windows Server 2008
Windows Server 2012
Windows Server 2016
TCPポート 外向き:80と443 内向き:不要
  • O-remoされる側が、Aeroテーマを使用している場合には、自動的にAeroを無効にします。
    接続を終了すると自動的に元に戻ります。※画面共有中はAeroをご利用いただけません。
  • コンピュータやWindowsを変更するような操作をするとUACが表示されて、画面共有が終了する場合があります。
    O-remoが切断されてしまう場合は、画面共有前にUACの停止をしてください。
  • 社内や家庭のLANで、ルーターやファイヤーウォール、プロキシサーバを利用している環境でも接続できますが、
    もし、無料接続テストで接続できない場合は、弊社までお問合せ下さい。
  • セキュリティソフトをお使いの場合、設定によってはそのままでは接続できない場合があります。変更手順を見る
なぜ O-remo が安全か

O-remoされる側のアクションで画面共有が始まります。
知らない間に操作されることはありません。

O-remo毎に固有のIDで O-remo する側とされる側のマッチングを認証しています。
他の利用者に間違って接続されることはありません。

SSL(Secure Socket Layer)で通信データを暗号化しています。
通信内容が他に洩れることはありません。

日時やIPアドレスなどの利用履歴がダウンロードできます。
いつどこを画面共有したのか、していないのか、明白です。

ツールバー、メニューの説明(O-remoする側)

■ツールの説明
O-remoする側の画面の左上部に出ているのがツールバーです。
プレゼンモードの相手には表示されません。



Ctrl+Alt+Delを送信します
(相手がVista以降の場合、効かない事があります)
全画面モードの切り替え(on/off)をします
接続オプションを開きます 画面を更新します
スタートキー(Ctrl+Esc)を送信します カスタムキーを送信します
状態ウィンドウを表示します O-remoの接続を切ります
ツールバーを隠します 現在お使いになれません
ファイル転送ウィンドウを開きます
相手に許可を得るウィンドウが出ます ※1
1つのウィンドウを選択して表示します
デスクトップ全体を表示します チャットを開きます

※1 相手の画面に確認のウィンドウが開き、許可を得ないとファイル転送は行えません。
確認ウィンドウ




■メニューの表示
青いバーの上で右クリックすると、メニューが表示されます。
プレゼンモードの相手には表示されません。








■接続オプションの表示
メニューにある「接続オプション」を選択するか、ツールバーので表示できます。
プレゼンモードの相手には表示されません。



接続オプション1

接続オプション2
O-remoのライセンス

O-remo は、オープンソースソフトウェア(OSS)である UltraVNC を元に株式会社キューブマジックが開発したものです。


キューブマジックが改変したソースコードも GNU GPL(V2) が適用されますので、必要な方はキューブマジックまでお問合せ下さい。 なお、キューブマジックが新規に作成したASPサービスのソースコードは、これに含みません。